放っておくと危険な蜂はスズメバチ駆除業者で簡単解決

蜂が住み着きやすい場所
  ~都会にも生息する蜂~

スズメバチ駆除責任を考えよう~賃貸住宅では特に注意~

ジャッジが難しいスズメバチ駆除の例

アパートやマンションなどの賃貸物件で、スズメバチの蜂の巣を見つけた場合、契約者が実費でスズメバチ駆除を行なうことになるのでしょうか。ここでは住宅の場所によって異なるスズメバチ駆除の管理責任について紹介します。

曖昧な場所にスズメバチの巣ができた場合の対処

ベランダ・専用庭にできた巣
ベランダや専用庭といったスペースは入居者専用の場所となるため、入居者自身が駆除を行なう必要があります。しかし、これが毒性の強いスズメバチの巣だった場合は、管理者にも駆除責任が生じます。そのため、駆除業者に連絡する前に管理会社や大家さんに連絡するようにしてください。自治体によってはスズメバチの駆除であれば、補助金が受けられる場合があります。
住人共用部分にできた巣
廊下や階段といった住人共有部分に蜂の巣を発見した場合は、管理者に駆除責任があります。そのため、管理会社や大家さんに連絡すると良いでしょう。住人共有部分は廊下や階段の他にも、駐車場や植栽といった場所が該当します。しかし、敷地外になると対応ができない場合があるので、お住まいの自治体に確認してみると良いでしょう。

賃貸物件内で蜂のトラブルに悩んだ場合


大家と物件管理会社に相談

部屋と部屋の間にスズメバチが巣を作り、駆除責任を巡り近隣トラブルへと発展するケースは少なくありません。賃貸物件内で蜂のトラブルに遭った場合でも、蜂の巣を早急に駆除することが先決となります。蜂の巣が確認できない場合も、管理会社や大家さんに連絡して早急に対処してもらうことで、被害の拡大を防ぐことができるのです。自分でスズメバチ駆除の依頼を行ない駆除後に管理会社へ費用請求を行なう際も、事前に管理者へ承諾を得ておく必要があります。

TOPボタン