放っておくと危険な蜂はスズメバチ駆除業者で簡単解決

蜂が住み着きやすい場所
  ~都会にも生息する蜂~

蜂の巣の簡単な見分け方~スズメバチ駆除を簡単に行なうワザ~

確実にスズメバチ駆除!プロに依頼するのが一番の近道

住宅街にも多くいるスズメバチのような蜂は、時に人を攻撃することもあります。ここは、スズメバチ駆除を行なうプロに任せて退治するのが得策でしょう。ここで、どのような流れで利用すれば一番早く解決できるのかを見てみましょう。

スズメバチ駆除の流れ

電話で依頼

最初に駆除業者へ駆除依頼を出しましょう。その際に蜂の種類や、巣の場所などを聞かれますので対応できるようにしておいてください。ホームページを運用しているスズメバチ駆除業者であれば、メールフォームを利用して依頼が行なえます。

見積もりの確認

スズメバチ駆除を依頼する際は、現地調査も併せて依頼すると良いでしょう。現地調査を施すことで、より正確な費用がわかります。多くの蜂駆除業者では、現地調査から見積もりまでの流れを無料で行なっているので費用の心配もありません。

スズメバチ駆除作業開始

本契約を結ぶと駆除作業が開始します。豊富な経験と実績を持つ駆除業者なら、安全に作業を進めることが可能です。巣の駆除だけでなく、蜂の死骸や巣の回収・清掃も行なっています。依頼者が蜂の巣を直接目にすることもありません。作業完了後に料金の支払いとなります。

都会に潜む危険な蜂が出没する場所

人間の多い住宅街や、都心のマンションでも蜂は巣を作ってしまいます。特にスズメバチの被害が多いため、スズメバチ駆除を依頼する需要があるようです。

スズメバチが出没しやすい場所

▼街路樹や植え込みがある場所
蜂が巣を作る場所として、住宅の玄関や外壁部分をイメージする人も多いでしょう。それ以外でも街路樹や植え込みといった茂みを好む傾向があります。そのため、住宅の庭やベランダにも巣を作ってしまうのです。誰でも手が届く場所に巣を作るため、大きな事故につながる恐れがあります。一度蜂の巣を駆除しても、生き残りがいると新しく巣を作る可能性があります。
▼密封空間を好む
蜂の中には密閉空間を好む傾向にあります。民間の屋根裏や壁のわずかな隙間に巣を作るため、発見が遅れやすくなってしまうのです。そのため、巣を発見した時には巣が巨大化していることが多く、住宅の修繕に大規模な工事が必要となるケースがあります。

慌てるのは危険!蜂の種類を見極める

蜂の巣を見つけた際は、刺激を与えず静観することが重要です。ただし、巣は蜂の種類に違いがあり、退治する方法も違います。ここで、スズメバチをはじめ代表的な種類を見てみましょう。

主な蜂の種類

▼アシナガバチ
アシナガバチとスズメバチは巣の形状が非常に似ています。しかし、アシナガバチの巣は穴がむき出しになっているため、識別がつきやすいでしょう。色は薄めの灰色となっており、住宅のいたる場所で巣を作る傾向があります。
▼ヒメスズメバチ
全体的に茶色を帯びたヒメスズメバチの巣は、中心から下に向けて黒く変色する特徴があります。スズメバチの巣の中でも識別がしやすい巣の1つです。ヒメスズメバチは土の中や樹洞に巣を作る習性がありますが、住宅の屋根裏や床下などの空間にも巣を作ってしまいます。
▼ミツバチ
ミツバチの巣は平べったい形が特徴的です。巣板と呼ばれる板は、何枚もの板が並び重なることで大きくなります。巣を作ったばかりの時は白色ですが、蜜が集まることでオレンジへと変化します。
TOPボタン